ヒョウやジャガーの斑点は、チューリングメカニズムなんだって。

そか、あのチューリングは かたち形態の化学的基礎研究もしてたんだね。 "∞" 自然の色んな美しい形は、 とても豊潤で神がかりなんだけど、 それば単純な物理的な組み合わせを 気が遠くなるくらい繰り返したもの。 ∝ ということは、いきなり完成形をめざして、 天才、芸術家きどりで造成するより、 お気に入りのリズムで何回も繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮影は疑似恋愛。

どれだけ気持ちをお互い通わせられるか。 それが男でも女でも、花や風景でも。 「この世界は素敵だ。」 "∞" 「深い」欲望(マグマ!)からほとばしるパッションでもって シャッターをきる。 そう「過剰」ゆらゆら炎、イリュージョンがレンズに映える。 (岡本太郎より、艶かしく。) ∝ ファッションは”したい”が大事。 「なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「太」の左足に赤いパンプスをはかせる。

 書道家武田双雲が描く「書」に、  アーティスト清川あさみが絵を加える。 ∞ 双雲とあさみが、それぞれの思いで コンプレックスをポジティブに変える。 このコラボレーション、なんか小気味いいなあ~ ∝ 「醜いって思い込むのは、もったいない。  みんな白鳥の翼をもっているに。」(清川あさみ) ∞ 今のリアルを素直に受け入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美を生きる。

それは、完成された静的なもの、到達すべきものでなくて 常に動いているもの。 私たちが生きる限り、 ダイナミクスの中で続いていくもの。 ∞ 「人生を逃げずに走り続けている人に訪れる  精神のランナーズハイににている。」 ∝ 予定調和でなく、「今、ここ」に息づく 私の「命」のかけがえのなさに向き合うこと。 それは、 段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リアリティのアート。

キレイねとただ見たり感じたりするだけでなく、 自分で参加し創作することが、 人間としての根源的なものを呼び起こし、喜びになる。 生きていくいろんな苦労をパフォーマンスアートにする。 ∞ 腫れ物に触るように、なくなっていく力を嘆き、 できれば、外に知られないようにと閉じていくのでなく、 勇気いるけど、 パフォーマンスにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクワク、好奇心。

2012年のブックハイキング、ファーストブック。 (いきなり毒っぽくて、ごめんなさい。) ∝ うん、既知の「わかりやすさ」に閉じ込められず、 自分勝手な文脈や独断インスパイアを縦横無尽、面白いネタ満載。 (いわゆる、ブックハイキング流。) ラカンとレヴィナスのわからなさに、内田樹の独特展開が 冴え渡ってる。(あとがきも読み…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マアジナルの誘惑。

想いや感じ、意識がモノになっていく。 それが見えて現実になっていく。 "∞" 「人間ってのはね、意識を向けたことを  引き寄せちゃうのよ。わかる?  なにかをずっと考えていると、  いつのまにか関連することが寄ってくる。」 ∝ いろんな人の想いやこの世の形のないものは、 形になりたがっている。 量子の重ね合わせ状況(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魂」は合わされた皮膚の間に現れる。

唇のくっついてるところ、 噛みしめられた歯の間、 閉じられた瞼。 合わされた掌、 額に当てられた指、 握りしめられた拳。 肉体がそれ自身にふれるところ。 それに「魂」は散在している。 (ミッシェルセール) "∞" 私たちの感覚は あとから振り返れば むしろ迎えに行ったとしか 思えないことの方が多い。 迎えに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あいつの原点。

本当の自分が存在すると信じることは 思い込みにすぐないかもしれない。 "∞" 「私」とは社会の中で 自分とそれ以外のものを区別した方がいい時に 便宜的に使う言葉。 ∝ 人間は自らの体を表面的なは自覚できても 内部については自覚できない。 「私」という実感があるわけではない。 ならば、 体の中身は何であってもいいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩みや困ったことにネーミング。(笑)

「言葉をとりもどす。」 「生きている今と、歩んできた足跡を  誇りをもって語り継ぐ。」 「弱いままで生きあえる信頼」 "∞" べてるの「降りていく生き方」は、 外部からの押しつけられる「生きづらさ」を 自らの「言葉」「苦労」「悩み」により、 人とのリアルなつながりを作る。 それにより、幻惑や妄想を超えて、 自らの存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハプニングをドラマチックに迎える。

たまにはといわず、 ちょいちょい憩いましょう。 その日、その日をていねいに愉しむ。 ちゃらんぽらんに、できるだけドラマチックに。 (整列しちゃだめよ) "∞" みんなでこぼこで、おもしろい。 銭湯に行ってみよう。 理想的な裸なんてひとつもない。 (僕は、のど自慢が好き。いろんな人に会えるから) 赤ちゃんもおばあちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変容するフォルム、魂の破砕~ガウディ

サクラダ・ファミリア、 内装もずいぶん進んで、見上げられるんだね。 ここ数年一気にすすんだ感じ。 "∞" そこには、樹木の生成の原理、 生物のスケッチが息づいている。 知識の段階で留まることなく そこに生きられていく 過程そのものが表現されている。 ∝ グエル公園。 それは「魂の破砕」が拓いた世界。 その正面の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさし、久しぶりに浸りました。

なんだか、しんみり。ほっこり、じんわり。 ビートの効いたダンスミュージックや ピコピコしたデジタルサウンドも好きだけど、 ときには、こころや想いやポエムに浸りたい。 "∞" 「奇跡 ~大きな愛のように~」 僕は神様でないから 本当の愛は多分知らない けれどあなたを想う心なら 神様に負けない たった一度の人生に あなたにめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャーミングな仕草、魅惑のステップが生まれる。

絵や生地の触り心地、 水牛の角を透かしたボタン、 手でぎゅっと絞ったようなギャザー、 房になった刺繍パレード、、 "∞" ディテール(込められた粒子)が 時を止め、感激と愛着を生む。 デザインが、 チャーミングな仕草を誘い出し、 新しいダンス、ステップ、歌声を生む。 色が、パッションを生み、 (コバルトブルー、ター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を動かす動かされる、快感。

ロゴスは控えめ、 エートスを発揮して、 オノマトペで触感をそそっちゃう。 "∞" 新しい切り口で、 おおーっと目からウロコを投げかけちゃう。 ズンタカ♪心地よいリズムで反復したり、 ワクドキっ知的好奇心あふれる やりとりを楽しんだり。 ∝ キラリと爽やかな目力や ぐぐっと腰を低くして胆力こめて 渾身のダンスを踊っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まっしろけ。静かなキモチ。

なんにもしない。なんにも考えない。 きちきち決めず、 のんびりと。 知らない景色を散歩したい。 "∞" ついつい相手を気づかう一言がいえないで 傷つけて、遠ざける。 いろんな誤解や思い込みが重なって、 勝手に荒んで、暴言やイヤミやイジケをまき散らす。 ∞ なんか、寂しかったり、つまんなかったり、 いっぱいいっぱいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらないものをどう知覚するか。不変項と恋心

アフォーダンス。 どのような動物にとっても、 知覚と行為は相互的で 循環的な関係の中で機能する。 知覚が行為に情報を与え 行為が知覚に影響をあたえる。 "∞" ボクラがおおーっと関心を寄せ、 手や脚を伸ばしたり、 そっと触れてみるとき、 感覚が触発される。 でもそれは、思った通りや予定調和ではなく、 つねに偶然の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はタコかな。~夏の想い出2011。

そろそろ夏も終わりかなあ~ 今年のマイ夏イベントを ベストムービーで振り返ってみます。 "∞" ベストオブベストは、 城ヶ島の潮溜まり「タコ遊泳。」7月の大潮の日。 ひゅ~いっとカッコいい~ 巨大ウミウシにも遭遇したけど、 カメラ水沈で幻になっちゃいました。 ∝ 次は、ケチャ。 芸能山城組が新宿高層ビルの谷間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーベルの新しいカタチ。

iPadが新しい楽器デバイスとなり、 twitterやfacebook、ustreamを活用した 未来型のライブが生まれている。 "∞" 初音ミク。 ボーカロイド(ボーカルアンドロイド)という 音声合成技術を使った、 バーチャルアイドル、キャラクターが ニコニコ動画で熱狂される。 それに作り出されるライブハウス・フェス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝顔~トランスポゾンの美。

朝顔は江戸の昔から粋な芸を見せる花。 花の姿を様々に変えていくのは 「トランスポゾン」遺伝子。 "∞" 意味のある情報をもたず 形質の形成を邪魔するだけの 無意味な配列を持った奇妙な遺伝子。 ∝ そのトランスポゾンが 細胞の中を動き回りながら あるときDNAに割り込んできて もともとある性質に変化を及ぼす。 いわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタゴニアに行きたい。

世界でもっとも美しい大地。 なんといっても氷河、グレイシャーブルーの あの青さに、写真だけでうっとりしてしまう。 "∞" グーグルアースを大画面スクリーンに映し、 ズバコーンっとリアルサイズでみてみたい。 リアルムービーだったら、もっといいな。 ∝ 氷河に火山そして、そこを吹き抜ける シャキンとした風。 それからとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一途に、時には、耳を澄ます。

意味とかなど考える前に、 自らの感触によってまず動く。 そして、一途に思い、ひたむきに続けること。 "∞" それから、 愛は自分の思いを一方的に押し付けるのでなく、 相手の事情や思いに耳を澄ませ、 相聞くもの。 眼前にあって、移りゆく季節や風景には、 自ずとそこに自分自身が投影されている。 ∝ そこには、 私自身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降りていく。べてる的、身のこなし方。

べてるの"精神病を抱えて苦労している人"と ビジネスの第一線でしのぎを削っている人々は、 本質的に同じ存在。 "∞" ほんと、そう思う。 認知行動療法では心の中を見つめません。 世界との接点だけに着目します。 「接点」とは、 「入口」=物事をどうとらえるか「認知」 「出口」=物事にどう対処するか「行動」 ∝ ヴィク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートのルールを変える。

西欧歴史ののシナリオを しっかりと見据え、 それをハイブロウに超えていく。 "∞" 日々のこの身の実践により 肚の底から魂を揺り動かし、 深めていく。 地を(血を)這うように、 この身に魂に貞(き)きながら、 次の実践、実験にいってみる。 ∝ そのアクティブなコミットにて ステレオタイプの世界のアートシーンを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲のような建てもの。

雲のようにふわふわと宙を漂い 軽やかでやわらか。 空気の流れのように透明で細やか。 "∞" ときには巨大で広範だけど 雲は さまざまな場所に、 ちょこんと現れては、消え、漂い変幻する。 その境界は時々刻々変化し、 周りの気や光や風や香りや音や、 触覚(手応え)でさえも、 とっても自由に動き、 インタラクティブに変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

際に立ち上がる。エッジエフェクト。

カッコにいれよう。 絶対的な価値観とか勝ち負けではなく、 状況的な気分でどう見なすか。 "∞" 仮説でいろんなこと考える。 イメージをふくらませて、 パラダイムを超える。 仮説だからこそ、認識を拡張していける。 ∝ そっか、ボクらのエゴで なんか臓器移植とか安直に 正義感をふりかざしたくないよね。 自分が今時点で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「空気の器」air vase、これって雲アート。

ぺったんこなのをスルスルっと伸ばす。 花瓶の形にして、 おお~ちょっと傾けると色が変わるんだ。 "∞" まるでヴェールの造形、程よい堅さで固定できる。 あっちを伸ばしたり、こっちを引っ込めたり、 粘土細工、飴細工のように自由に造形できる。 ∝ ぽお~んと投げて、 ぺたんと巾広器にしたり、 マジックみたいに、 ほらね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーキング・メディテーション。

メディテーションって「無」になることだっけ。 よけいなことを考えないことなんだよね。 "∞" 今日はブックハイキングを 2時間ほどウォーキングで巡りました。 (今回は帰り中心です) ずんずん歩くと、 今までは知らなかった風景に出会ったり、 (近くにあんな森があるなんて知らなかったよ) 五感がフル回転で生き生きして、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエがほしい。

朝6時に起きて、アトリエに6時半にいく。 そして夕刻目が疲れ頭が回らなくなり、 色の区別さえつかめなくなると そこで筆を置き、帰宅。 "∞" いいなあ~ そんな毎日が送れれば、、 "ザ・フォールズ" "ハルカナルアオイヒカリ" "ウォーターシュライン" その滝たちに その青色に、 魂をゆさぶられた。 ∞ その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと気軽に話しかけたい。

そうそう、道行く見知らぬ人に、 もっと気軽に話しかけたい。 つくづく、そう思う。 "∞" その場やその気分で、 別に友達や知り合いでなくても その場をともに楽しみたい。 ジャズみたいに、アドリブでね。 ∝ パブリックなコミュニケーション。 「知らない人との交流」をもっと 楽しみたいなあ。 ラテン的妄想、イタリア人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅惑のルーティン。そうそう、ガツガツしない。

「生きる知恵」すなわち、 「生き延びるチャンスを増大させるもの」を いかに増大させるられるか。 "∞" いまここにあるもの ありあわせの道具、材料を活かすこと。 それから、 自分ができてること意識してることを 独占せず、それを無言で(裏で)支えてる ものたち(こびとさん達)への感謝を 忘れないこと。 でもって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファッション、これぞタンジブルアート。

おもしろいアイディアや 革新的で美的な効果を考えながら、 縫い目を巧みに扱って戦略的に配置し、 身体へのフィット感を維持する。 むしろ、新しいフィット感を生み出す。 "∞" ディテールをおまけのように継ぎ足すのでなく、 そこから、新たな経験をつくりだす。 そのディテールからファッションやスタイリング、 いやいや今日一日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラッシュモブズ!ウエイ

「考えるために立ち止まろう。  人類のために立ち止まろう。  地球のために立ち止まろう。  笑い合うために立ち止まろう。」 リアルもネットも激しく流動してる中で、 ともすると自分の存在が 薄くなっているんじゃないかと感じてしまう。 "∞" フラッシュモブズ。 インターネットや携帯電話を通じて呼びかけられた 見ず知らず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミロのブルー、マジョルカ。

澄んだ陽光、空や海、 冬でも 春のように温暖なマジョルカ。 それをいっぱい受けて、 ミロはあの「青」やプリミティブな 陶芸を創ったんだなあ。 "∞" その詩的で澄み渡った青。 この世のものとは思えず 非物質的にさえ感じられる。 薄い青と壮麗で濃い青が使い分けられ、 その中を黒い点が縦横無尽に 駆け巡る。 ∝ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡本太郎の東北。原始にふれる

「なまはげ」自体はそもそも鬼なのか? それはあらゆる原始的な 人間社会に見られる「霊」のあらわれ。 生命の底の深みからでてくる 生活に彩られた魔。 "∞" 今日のいわゆる「鬼」は 大陸から輸入されたものらしい。 ボクらの原始がここに滲みでてる。 ∝ 岡本太郎生誕百年の今年、 東北は太平洋側は自然の力によって 壊滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ささやかな家づくり。そう、雲カフェ。

うん、小さな家がいい。 陣取り合戦や防護壁でかためるより、 縁側やサンテラス(雲テラスかな)と、 ちょっとしたつい立て。 (一人でじっくりしたいときにつかいます) "∞" モノは少なく小さく、 同居人やそこでゆんわりする人それぞれが 思い思いの居場所を見いだす。 太陽を浴びて、柱にもたれかかってもいいし、 段差により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「時計ちっく」に、胸ズッキュン♪

ちくッたくッ、ちくったくっ、 「おはようございます。」 時間デジタルとともに、2人のドラムが時を刻む。 "∞" そのビートとドットイルミネーションをバックに、 やくしまるえつこの透き通った声がつづく 「今何時ですか?」 「だいたい、12時です。」 ∝ 「ぱっぱぱぱ、ぱぱぱっ、ぱぱぱっ」 d.y.d. ドラマ2人と映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランウエイ、これぞ、メディアアートだわ。

東京ガールズコレクションみてて、 ランウエイに、グっときちゃいました。 す、すごい。 これこそ、メディアアートじゃん。 http://www.youtube.com/profile?user=tgc2011ss&feature=iv&annotation_id=annotation_653252 ここで花咲いているんだね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

属性の未来。自分の指紋が愛おしい

「指紋の池/ユークリッド」 指紋でいっぱいの池POOLのセンサーに向けて 自分の指で触れると、 自分の指紋が他の人の指紋と群れ合い紛れる。 もう一度センサーに触れると その群れの中から一つの指紋が抜け出して 一目散に自分の方に近寄ってくる。 なんとも、いじましく、愛おしい。 "∞" 自分の指紋なんて、日頃はよく見てない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな笑顔を集める、愛を集める。

あなたの手で口で足で、目で夢で愛で、 自分の道をつくりなさい。 "∞" ぶざまな格好でも、勘違いしてるといわれても、 自己満足や偽善だと責められても、 誰かの願いのため、夢を叶えるために 生きていく、行動していく。 ∝ 「正義なんてものはここにない。  勇気なんてものはここにない。  それでも傷つけられたら愛を集めま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

価値ある未来を切り拓く。

そのためには、 アイディアを体系化できる能力が大切。 アイディアそのものよりも価値ある実行力。 "∞" そうそう、 「今頑張んなくて、いつ頑張るの?」 「今ここ」から、 与えられた選択肢を探りあて、 新しい価値ある選択肢に編み直して、 価値ある一歩一歩を歩む。 ∝ 哀悼と祈念、感謝と尊敬を胸に、 自らの頭で考え抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0311。ニッポン再生に向けて

2011年3月11日。 (黙祷) 被災者の方々とそのご家族の方のことを思い、 お祈りすること。 加えて、自らできることをまずやること。 それから、 我々のグランドゼロとして、 落ち着いて見渡し、 本当に大切なことに思いを馳せながら、 行動スタイルを変えること。 (もう、お遊びは終わりだ。) "∞" 我々のニッポン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮮烈なキノコ美に驚嘆。

きのこのほん http://bit.ly/bJYvrZ こんなにも美しく、不思議な、 人智を超えたスーパーアート。 色とりどりのキノコにうっとり。 "∞" スーパーネイチャー! インスパイアをいっぱいもらえちゃう。 それは、雲やクラゲ、 ウミウシ、イカ・タコ・エビ、 苔、粘菌、それから樹皮。 なんか、 ひとつながり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロジェクト"チグリス"、はじめました。

ユーフラテスEUPHRATES、佐藤雅彦、すごいなあ~。 http://euphrates.jp/archives/category/projects 敬意を表して"チグリス"って称して、 マイプロジェクト立ち上げました。 "∞" アルゴリズムやロトスコープ、 それから 「属性」を組み合わせたり、 場面場面から数理曲線を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エトランゼ、それはボクの中に。

異国の地に旅することより、 冒険にでかけるより、 ボクの身の回りに、ボクそのものに 日頃見慣れてるものの中に、 もっと強い破壊性があった。 "∞" 原初的な、 とても奥深いところに湧き上がる パッションのほとばしり。 ∝ うまい歌手の歌より ひとりの娘が階段を磨きながら がなりたてる歌の方が、 確かに心に響く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとなく、新しい感じ。

毎日の仕事と暮らしを つつましくも、常に新しくありたい。 "∞" はつらつとした初々しさがあり ぴかぴかした鮮度があり やさしいやわらかさがある。 「今よりちょっと先にある、なんとなくあたらしい感じ...」 ∝ 自分が発見したり工夫したり 気がついたりした、新しさ。 いろんな人に聞いてもらいたい。 「すごいなあ。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縄文からのロマン。メドゥーサ

ボクらの肚のおくそこからの情動、 それは縄文からつづくもの。 その情動を表し交わし、 感じていたんだろう。 "∞" 少女の死と再生のストーリーは ロマン主義文学者たちによって始められたのではない。 それは栽培植物の季節的な蘇生と生育、 そして意図的な殺害という円環に無限に 心を寄せた新石器革命の さしだした女神像であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル、パブリックアート。

空港の天井近くまで、 空気いっぱいに膨らんだヒトが でんぐり返ってる。 "∞" ゆらゆら、ふわふわ。 「空間」をもっと自由に拡張する。 「実体感」をいろいろと試せる。 「自己参加」をしてみる、 相手からのリアクションを確かめる。 ∝ 「空気」は究極のパブリック。 誰にも独占できない、しちゃいけない。 アイツとの間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブック再生にむけて。ブックハイキングNEXT

ブックビジネスが立ち行かなくなって久しい。 出版社も書店もとても厳しい。 "∞" そっかあ、 最近の本って、流行りそうなものしか 書けないらしい。 パッと見とか話題性と編集の仕方が先に立って オナカの底からの言いたいこと表現したいこと ちょっとじっくりじゃないと理解できないことは なかなか難しい。 ∝ そこで、電子…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チベットにいきたい。

チベットの色は3色。 茶色(山)と白(雲や雪)と青(空) "∞" 人がつくりだす織物は赤や黄色や緑? そこは、雲の世界。 椎名誠によると 「向かいの山の谷間に濃厚で巨大な雲が わらわらと押し寄せてきて、 雲による巨大な瀑布のように見えた。 目に見える速さで押し寄せる雲の壁は なぜかそのあたりから下にまでは降りて来ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more